カテゴリー別アーカイブ: 苗

朝霧草(Artemisia schmidtiana)

別名:アルテミシア
分類:キク科
園芸分類:多年草
原産地:サハリン(ロシア)

細い掌状の葉や茎はよく分枝し、シルバーリーフの代表植物とされています。
また、夏に黄色い頭花(とうか)が咲きますが、葉の方が珍重されます。
花名の由来は、銀白色でよく分枝した葉が朝霧のように見えることによります。

朝霧草(1)

モクビャッコウ(Crossostephium chinense)

モクビャッコウ(Crossostephium chinense)
分類:キク科
園芸分類:多年草
原産地:アジア東部の亜熱帯~熱帯
草丈:30cm-50cm
開花期:11月~3月

春から夏にかけて新芽を出し、その芽が秋以降により強く銀色になっていきます。
また秋から春にかけて茎の先端に、径5mmほどの黄色い花を咲かせますが、花びらがなくあまり目立った花ではありません。

モクビャッコウ(1)

 

CRAFTホームページ
http://kashiueki.com/

メラレウカ レボリューションゴールド(Melaleuca bracteata)

メラレウカ レボリューションゴールド

分類:フトモモ科
原産地:オーストラリア
園芸分類:常緑低木
樹高:2メートル

黄金葉の品種で黄緑色~ライム色の葉がとても美しい品種です。
刈り込みをしても芽吹きがよいので、暖かい地方では生垣等に最適です。

メラレウカ レボリューション ゴールド(1)

 

CRAFTホームページ
http://kashiueki.com/

ヘデラ(Hedera)

ヘデラ(Hedera helix)

別名:アイビー
和名:セイヨウキヅタ
分類:ウコギ科 ヘデラ属
原産地:ヨーロッパ・北アフリカ・アジア

ヘデラは、たまに面白い枝がわりをします。
大事に育てていれば、あなたも意外な発見をするかもしれません。
他の品種、管理方法は下記アドレスにてご確認下さい。http://urashima.info/

小雪

ヘデラ(小雪)(1)

 

CRAFTホームページ
http://kashiueki.com/

エリカ(Erica)

エリカ(Erica)

学名:エリカ
別名:ヒース
分類:ツツジ科
園芸分類:常緑低木
原産地:南アフリカ・ヨーロッパ
開花期:11月~3月

南アフリカ産とヨーロッパ産の2系統にわけられる品種には、樹高が数メートルに及ぶ大型種から、地を這うように茂るものまで、さまざまな姿のものがあります。
また、花期も冬咲き、春夏咲き、周年咲きと、大きく異なっています。
エリカの多くが高温多湿を苦手とするので、夏に暑くなる日本で手軽に栽培できるのは数種に限られ、おもに南アフリカ原産のものになります。

エリカ・ホワイトデライト
花期:11月~3月

エリカ(ホワイトデライト)(1)

 

CRAFTホームページ
http://kashiueki.com/

アメジスト・セージ(サルビア・レウカンサ)

アメジストセージ(レウカンサ)(1)

 

 

アメジストセージ(Amethyst sage)

 

別名:サルビア・レウカンサ、メキシカンブッシュセージ

分類:シソ科 サルビア属
園芸分類:多年草
開花時期:9~11月
背丈:100~150cm
短日植物(日照時間が短くなると花が咲く植物)

分布:原産地は北米から中南米にかけた一帯で、
ビロードのような花が咲くのが特徴です。
又、Salvia(サルビア)は、ラテン語の
「salvare(治療)」「salveo(健康)」が語源とされます。

「アメジスト(アメシストともいう)」 とは ”紫水晶” のことで、装身具に用いられる宝石。2月の誕生石。

CRAFTホームページ
http://kashiueki.com/