ヘデラ(Hedera)

ヘデラ(Hedera helix)

別名:アイビー
和名:セイヨウキヅタ
分類:ウコギ科 ヘデラ属
原産地:ヨーロッパ・北アフリカ・アジア

ヘデラは、たまに面白い枝がわりをします。
大事に育てていれば、あなたも意外な発見をするかもしれません。
他の品種、管理方法は下記アドレスにてご確認下さい。http://urashima.info/

小雪

ヘデラ(小雪)(1)

 

CRAFTホームページ
http://kashiueki.com/

エリカ(Erica)

エリカ(Erica)

学名:エリカ
別名:ヒース
分類:ツツジ科
園芸分類:常緑低木
原産地:南アフリカ・ヨーロッパ
開花期:11月~3月

南アフリカ産とヨーロッパ産の2系統にわけられる品種には、樹高が数メートルに及ぶ大型種から、地を這うように茂るものまで、さまざまな姿のものがあります。
また、花期も冬咲き、春夏咲き、周年咲きと、大きく異なっています。
エリカの多くが高温多湿を苦手とするので、夏に暑くなる日本で手軽に栽培できるのは数種に限られ、おもに南アフリカ原産のものになります。

エリカ・ホワイトデライト
花期:11月~3月

エリカ(ホワイトデライト)(1)

 

CRAFTホームページ
http://kashiueki.com/

アメジスト・セージ(サルビア・レウカンサ)

アメジストセージ(レウカンサ)(1)

 

 

アメジストセージ(Amethyst sage)

 

別名:サルビア・レウカンサ、メキシカンブッシュセージ

分類:シソ科 サルビア属
園芸分類:多年草
開花時期:9~11月
背丈:100~150cm
短日植物(日照時間が短くなると花が咲く植物)

分布:原産地は北米から中南米にかけた一帯で、
ビロードのような花が咲くのが特徴です。
又、Salvia(サルビア)は、ラテン語の
「salvare(治療)」「salveo(健康)」が語源とされます。

「アメジスト(アメシストともいう)」 とは ”紫水晶” のことで、装身具に用いられる宝石。2月の誕生石。

CRAFTホームページ
http://kashiueki.com/

オルトラン粒剤

FullSizeRender

(特徴)
●このオルトラン粒剤は、
吸汁性害虫である(アブラムシ)及び
食害性害虫である(ヨトウムシ、アオムシ等)
に効果のある、浸透移行性殺虫剤です。
浸透移行性の為、根から吸収されて効果が持続します。
●効果が持続するので広範囲の園芸害虫の防除に適しています。

(上手な使い方)
①土壌が極度に乾燥している時は使用しないで下さい。効果が半減します。
②散布は一ヶ所に集中せず均一に散布して下さい。
③生育期の植物には葉面散布(葉にかける事)も効果的です。尚、葉面散布は生育初期に行い害虫の発生初期に散布して下さい。

用語集2

【気根(きこん)】  根は、地中で発達するのが一般的ですが、地上の茎や枝幹から出る根もあり、それらを総称して気根と呼びます。尚、種類により色々な機能を持ちます。

(付着根) 他の植物等に付着して体を支え、よじ登るために茎から出る根。ツタ・ノウゼンカズラなどに見られます。

(支柱根) 地上にある幹や枝から出て地中に入り、支柱のような形態になった根の事。タコノキなどに見られます。

タコノキ8号

(保護根) 茎から生じた根であり、密に絡み合って幹を厚く覆う。ヘゴやマルハチ (ウラボシ綱) のような木生シダに見らます。

(吸水根) 雨露を急速に吸収貯蔵します。セッコクなど

(呼吸根) 空中に出て呼吸をしているもの。酸素の乏しい泥中や水中に生育する植物にみられ、通気組織などの構造をもちます。ミズキンバイやマングローブなど

(浮根) 水面に浮上します。ミズキンバイなど。

用語集1

【ウォータースペース】
表土から鉢の上辺までのスペースのこと。
灌水時、一時的にこのスペースに水が溜り、徐々に鉢土に水が浸み込む。
通常の植込み時には、必ずこのウォータースペースは設ける事。
このウォータースペースの深さは、鉢の直径の10分の1程度が目安。
IMG_5150写真は10号鉢(φ30 cm)
【鉢回し】
植物まんべんなく日光当てるために、鉢を回すこと。植物は、光の方を向く性質があります。観葉植物などを窓辺に飾って暫くすると、葉が窓の方に向いてしまってバランスが悪くなってしまいます。観葉植物の場合、1ヶ月程度に一度回せばよい。

 

葉序(ようじょ)の形

葉序とは、植物の葉が茎に対して配列するときの様式をいう。

葉序

 

◎対生(たいせい)⇒植物の葉が、1つの節に1対生ずること。

◎互生(ごせい)⇒植物の葉が1つの節に1枚ずつ生じ、互いに方向を異にしていること。

◎輪生(りんせい)⇒茎の1つの節に、葉が3枚以上つくこと。
( 3輪生、4輪生、5輪生などがある。)