BLOGブログ

オルトラン粒剤

(特徴)
●このオルトラン粒剤は、
吸汁性害虫である(アブラムシ)及び
食害性害虫である(ヨトウムシ、アオムシ等)
に効果のある、浸透移行性殺虫剤です。
浸透移行性の為、根から吸収されて効果が持続します。
●効果が持続するので広範囲の園芸害虫の防除に適しています。

(上手な使い方)
①土壌が極度に乾燥している時は使用しないで下さい。効果が半減します。
②散布は一ヶ所に集中せず均一に散布して下さい。
③生育期の植物には葉面散布(葉にかける事)も効果的です。尚、葉面散布は生育初期に行い害虫の発生初期に散布して下さい。

その他のおすすめ記事

用語集

トネリコ (FRAXINUS GRIFFITHII)

科・属名:モクセイ科・トネリコ属 原産地:沖縄、台湾からイン …
用語集

朝霧草(ARTEMISIA SCHMIDTIANA)

別名:アルテミシア 分類:キク科 園芸分類:多年草 原産地: …
用語集

用語集2

【気根(きこん)】  根は、地中で発達するのが一般的ですが、 …

Page Top