BLOGブログ

モクビャッコウ(CROSSOSTEPHIUM CHINENSE)

モクビャッコウ(Crossostephium chinense)
分類:キク科
園芸分類:多年草
原産地:アジア東部の亜熱帯~熱帯
草丈:30cm-50cm
開花期:11月~3月

春から夏にかけて新芽を出し、その芽が秋以降により強く銀色になっていきます。
また秋から春にかけて茎の先端に、径5mmほどの黄色い花を咲かせますが、花びらがなくあまり目立った花ではありません。

CRAFTホームページ
http://kashiueki.com/

その他のおすすめ記事

用語集 薬剤

オルトラン粒剤

(特徴) ●このオルトラン粒剤は、 吸汁性害虫である(アブラ …
用語集

用語集1

【ウォータースペース】 表土から鉢の上辺までのスペースのこと …
用語集

ヘデラ(HEDERA)

ヘデラ(Hedera helix) 別名:アイビー 和名:セ …

Page Top